引越し時に必ずやらなければいけないこと

引越しの際には住所変更の手続きもあるので、その段取りを引越の作業の中に入れておくべきです。転出届けは、引越し前の場所にある市役所で手続きをしますが、引越し予定日の二週間前から手続きが可能となっているので、前もってやっておけば当日慌てないで済むのです。

そして、入居した場所の市役所へ転入届を出す必要があります。手間のかかる作業ではあるのですが、この作業が終わらないと現住所が昔の浄書のままとなってしまうので、様々なトラブルが出てしまいます。

転入届に関しても、引越しを終えたいから二週間以内に手続きをする必要があるので、新居に使う小物類などをお店に買いに行くときに市役所を守る事を予定に入れておくべきです。

それ以外にも、電気やガスなどの手続きの終了と、入居先には新しく契約を開始する作業も必要となります。特にガスの場合には、担当者が来て開栓作業をする必要があるので、その時間帯に在宅してる必要があります。

できれば、引越の作業している途中で来てもらった方が合理的なので、引越しの段取りをしている人時間帯のアポイントを取っておくことが大事になります。

このような、引越しの際に必ずやらなければいけないことをリストアップすることもやっておくべきです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月27日

eigogakusyuu (16:19)

カテゴリ:引越し

« きょうは引っ越しを手伝い | ホーム | 肝心の引越し前に歯痛が起こってしまい・・ »

このページの先頭へ

取引コストが低いFX業者