雨天時の引越し予定を考慮する

雨1.jpg

引越しを予定している日が雨になった場合、少しばかり時間の予定をずらしたりすることは可能ですが、基本的には雨天中止の考えはやらずに強行することが重要となります。

引越し業者に依頼せずに、知り合いなどに手伝いをお願いして作業する場合にも、スケジュールを空けて集まってくれた人達が、再度スケジュールを空けて集まるにはかなりの手間がかかってしまいます。

そのあたりの問題を考慮するのであれば、雨が降っていたとしても引越し作業を強行するべきです。濡れると問題となる家具類はそれほど多く無いので、ブルーシート等を複数枚用意するだけで、ある程度雨よけは可能なはずです。

当然のように人は濡れてしまう状況になり、足下や靴も雨水で濡れてしまう状態になってしまいますが、このあたりの問題は日取りを再度設定するよりもかなり楽なはずです。

そんな事から、天気が悪くなりそうな状況が確認できた場合には、引越しを予定する時間をかなり早める対策も有効です。

土砂降りになってしまうと、トラックから荷物も下ろせず移動も困難な状況になるため、出来るだけトラブルを避けるために時間の都合を有効に使っていく対策が必要です。

引越し作業時には、昼食を食べる時間があるので、雨が降った場合は食事時価に充てる考え方も有効です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月 9日

eigogakusyuu (13:37)

カテゴリ:引越し

ホーム | 引っ越しについて »

このページの先頭へ

取引コストが低いFX業者