引越し先を想定する時の物件の見方

引越し先を選定するときに、不動産情報をチェックするだけでなく実際に現場に足を運んで周辺の状況も確認していく事が大事です。
ワンルーム1.jpg
部屋の間取りなどが自分の好みに合っており、家賃も十分にリーズナブルだと感じる時には何かマイナスポイントがないかチェックしていく事が大事になります。その問題点の1つが環境の状況です。

時間帯によってかなりうるさい場所で会ったり、下水道の悪臭がする等、周りの工業地域の影響で何らかの悪臭がする可能性もあります。もう一つは畑が近くにあるばあい、時期によっては肥料の嫌な臭いが長期的にする可能性もあります。

そのあたりのマイナスポイントがあるために、家賃が安くなっている可能性があります。このあたりを数時間のチェックで確認することが難しいので、問題が見つかりそうなカ所をネットでチェックし、その要点を1つずつ確認していきます。

特に、畑の臭いに関しては、現在は全く期にならない状態であったとしても、季節が変われば畑の状態も変わり耕して肥料を入れる時期にはかなりの悪臭になる可能性があるのです。

引越し先を選定するときには、不動産情報をメインに考える事が多いですが、安い物件というのは何らかのマイナスポイントがある事を想定しておくべきです。

大型家具 配送についてチェックしておこう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年1月10日

eigogakusyuu (15:54) | コメント(0)

カテゴリ:引越し

コメントする




« 引越しの際には車庫証明の手続きが必要 | ホーム | 引っ越し業者選びも困ってしまいます »

このページの先頭へ

取引コストが低いFX業者